Antergos導入

カテゴリ: arch

自宅用PCにAntergosを導入しました.

ppaを足すも.debや.tar.gzを落とすもなんかかったるくなってAURが楽しそうなArchlinux系列を試すことにしました.

Antergosにした理由は,デスクトップ環境として慣れ親しんだCinnamonを簡単に導入できるからです.

導入は公式の提供する手順通りに進めれば簡単です.

以下は日本語入力環境をセットアップするまでの備忘録です.

OSインストール

localeにはen_us.utf-8を選び,初期に追加インストールできるパッケージとして,Bluetooth, Firefox, LibreOffice, Printing Support, ssh, ufwを追加しました.

Keyboard設定

Caps LockをCtrl化

guakeの導入

どこでもterminalですね.

sudo pacman -S guake

でインストール

Guake properties から,

  • Startup時のPopup通知無効化
  • ログイン時に自動起動
  • サイズを横50%,縦70%程度
  • 位置を画面左側

に設定しました.

日本語環境導入

日本語フォントと日本語入力環境を導入します(参考)

私はCinnamonとfcitx-skkを使うので,上記参考リンクとは若干手順が違います.

フォントにはとりあえずipafontを入れますが,ここはお好みで.

パッケージ導入 + スタートアップスクリプト作成

sudo pacman -S otf-ipafont fcitx fcitx-configtool fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4 fcitx-qt5 fcitx-skk skk-jisyo
echo "export GTK_IM_MODULE=fcitx" > ~/.xprofile
echo "export QT_IM_MODULE=fcitx" >> ~/.xprofile
echo "export XMODIFIERS=@im=fcitx" >> ~/.xprofile

システムとFirefoxのフォントを設定

  • System Settings -> Fonts -> Monospace font以外をIPAPGothic Regularに.
  • Firefox -> prereference -> Fonts & Colors -> Default font を IPAPGothic Regularに.

fcitxの設定

  • 再ログイン
  • System Tray上のfcitxを右クリック-> configure
  • Input Method右下の+ -> Only Show Current Languageのチェックを外す -> skkを選択 -> OK
  • Input MethodKeyboard - English (US)を選択->右下の-を押す
  • Input Methodに追加されたskkをダブルクリック
    • Punctuation Style: Latin
    • Initial Input Mode: Direct Input
    • Page Size: 7
    • Return-key does not insert new line on commit: off
    • Candidate: Vertical
    • Number candidate of …: 2
    • Show Annotation: on
    • Keys to Select…: Qwerty Center Row (a,s,d,…)
    • Dictionary and Rules
      • Rule: AZIK_en
  • System Tray上のfcitxを右クリック-> Restart

ルールのAZIK_enはAZIKを改変したものです.