一度に複数の変数を force する

カテゴリ: r

結論

force(list(a, b, c, ...)) とすればいい.

f <- function(a, b, c, ...) {
  force(list(a, b, c, ...)) # 先に評価したいものから list に入れる
  10
}

f() 
#> Error in force(list(a, b, c, ...)) : argument "a" is missing, with no default

f(stop("a でエラー"))
#> Error in force(list(a, b, c, ...)) : a でエラー

f(a = 1) 
#> Error in force(list(a, b, c, ...)) : argument "b" is missing, with no default

f(a = 1, b = 1)
#> Error in force(list(a, b, c, ...)) : argument "c" is missing, with no default

f(a = 1, c = 1)
#> Error in force(list(a, b, c, ...)) : argument "b" is missing, with no default

# OK
f(a = 1, b = 1, c = 1)
f(a = 1, b = 1, c = 1, d = 1)

背景

Rでは関数の引数が遅延評価されるため,引数は使わない限り評価されない (参考: “Adv. R: Lazy evaluation”). 明示的に使うには force 関数を使う. 単に x だけの行を入れても強制評価できるが,force を使うことで開発者の意図を盛り込もう.

# g は x を評価しないためエラーにならない
g <- function(x) 10
g(stop("エラー"))

# h は x を強制評価するためエラーになる
h <- function(x) {
  force(x)
  10
}
h(stop("エラー"))

で,複数の変数を force するには force を繰り返せばいいが,面倒. 以下のように force が複数の引数を受け付けてくれる実装だったらよかったのに. そう考えたところで,強制したい引数のリストをforce に渡せばよいとの結論を得た.

force <- function(...) list(...)